本会は、会員の親睦共済に関する事業等を推進します。累計会員数は約31,000人、支部は群馬県内に13支部あり、群馬県外に在住の方は個人会員となります。
 本部への連絡メール  会員情報変更入力フォーム

ホームページの開設:2018年3月
(本会ホームページを随時更新するために新たに開設しました。)




あなたは   番目の大切なお客様です




  ウワミズザクラ 撮影 令和2年5月6日 群馬県内
(上溝桜、Padus grayana)は、バラ科ウワミズザクラ属の落葉高木。 和名は、古代の亀卜(亀甲占い)で溝を彫った板(波波迦)に使われた事に由来する。花はブラシ状(総状花序)であり、小さなサクラの花がたくさんついているように見えます。

  ウワミズザクラ撮影 令和2年5月6日 群馬県内
ウワミズザクラはウワミゾザクラがなまったと言われています。上溝は裏溝、卜(占)溝がもとで、鹿の肩の骨(亀の甲羅の場合もあるようです)をやいて占うとき、あらかじめ骨の裏から丁字の溝を入れておき、ハハカの木を燃やしてひび割れのしかたで占ったとのことです。ハハカはウワミズザクラの古名です。(古事記 天岩戸 参照)


 ウワミズザクラのつぼみ 撮影 令和2年4月24日 群馬県内            

 ニセアカシア (Robinia pseudoacacia)
北米原産のマメ科ハリエンジュ属の落葉高木。和名はハリエンジュ(針槐)。

撮影 令和2年5月6日 群馬県内           


 

令和2年2月15日午前10時から、教育学部大会議室で、群馬大学教育学部同窓会理事会を予定どおり開催いたしました。会費免除者、同窓会入会等関係書類、教育学部が共同教育学部になることに伴う同窓会名称等、来年度の行事日程、来年度の同窓会組織や表彰にかかわる報告書の依頼 等について審議し決定いたしました。会則改正にかかわる事項については理事会で機関決定いたしました。
  2月15日  群馬大学教育学部同窓会事務局長

令和元年10月17日、元教育学部長の森部英生先生から、群馬大・埼玉大統合問題にかかわる資料をご送付賜り事務局として拝受いたしました。本事務局で保存いたしますと共に、本部役員会議等で取り扱いを協議し、同窓会組織として対応して参ります。森部先生誠にありがとうございました。 
 事務局からのお知らせ 群馬県外会員(個人会員)の方で、総会と会費にかかわる返事のハガキ(事務局からお届けしてあるもの)を
10月8日までにご提出なさっていない方がおられます。提出期日をご確認の上、至急必ずご提出をお願いいたします。
ご本人様にご事情がある場合は、ご家族様または看護等をなさっておられる方が事務局からお届けしたハガキをご使用になり、代理でご提出ください。
念のために、往復はがきで再度、会費にかかわる事項についてご提出を依頼いたします。施設や病院にお入りになる場合はすでに事務局からお届けしてあるハガキにその旨を可能な範囲で記載の上、ご投函ください。
               令和元年10月8日(火) 群馬大学教育学部同窓会事務局(文責:事務局長) 
  

                                                                                      

群馬大学からのお願い:群馬大学基金ご案内(平成30年5月8日掲載 クリックしていただくと、見ることができます。)